tulip bouquet - col. yellow

 
 
 
 
PREV ITEM NEXT ITEM
tulip bouquet - col. yellow
繊細な線と曖昧な色合いのクレーに着想した花束。花束が枯れてゆくような、時間の経過を表現しました。花びらはプリントされたスカーフに染色を施したものを織り交ぜることで複雑な色合いに仕上がっています。今シーズンのコレクションから、人生を糸にたとえ、様々なノッティング技術が施されています。束ねた根本には、着想した「旅」の無事を祈るような麻の組紐が下げられています。
MATERIAL
silk・cotton・linen
SIZE
L 18cm W 10.5cm H 4cm

このコサージュは、白い布を一枚一枚手で染め、熱で花の形に加工したものです。そのため水に濡れると色落ちや型くずれの恐れがあります。雨の日のご使用や、白い服・薄い色の服とのコーディネイトはお避けください。また着用の際にはアクセサリーやバッグ、周囲の物との摩擦や引っ掛けに十分ご注意ください。一度型崩れをしますと修理等が不可能な場合があります。あらかじめ御了承ください。

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,100
    • 青森県
      ¥800
    • 岩手県
      ¥800
    • 秋田県
      ¥800
    • 滋賀県
      ¥800
    • 京都府
      ¥800
    • 大阪府
      ¥800
    • 兵庫県
      ¥800
    • 奈良県
      ¥800
    • 和歌山県
      ¥800
    • 鳥取県
      ¥900
    • 島根県
      ¥900
    • 岡山県
      ¥900
    • 広島県
      ¥900
    • 山口県
      ¥900
    • 徳島県
      ¥900
    • 香川県
      ¥900
    • 愛媛県
      ¥900
    • 高知県
      ¥900
    • 福岡県
      ¥1,100
    • 佐賀県
      ¥1,100
    • 長崎県
      ¥1,100
    • 熊本県
      ¥1,100
    • 大分県
      ¥1,100
    • 宮崎県
      ¥1,100
    • 鹿児島県
      ¥1,100
    • 沖縄県
      ¥1,300
    • その他地域一律
      ¥700
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後7日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後120日を目安に発送いたします
    商品によって異なります

STORY

  • 27年前の旅で出会った友人彼女との往復書簡は
    旅の話しのようであり時を描いていたり
    時間のはなしのようで思いを綴っていました
    では、この「旅」とはいったいなんなのだろう
    着想の「旅とタネ」から彼女との「往復書簡」の中で
    出会いの旅5つの都市を綴った手紙をもとにその感情や霞むような景色を形にしています
    朝には硬く、夜にはやわらかい言葉のやり取りを交わし
    何年も会えなくとも、昨日会った次の日でも距離感はかわらずに、
    そして27年前の旅を綴った言葉を贈ったとき、受け取った時
    彼女と私は、糸を紡ぎ織り上げた人生をまたほどき、
    他の形に織り直したものが今回のコレクションとなりました
  • Bern

    自然が暗い夜をマーブリングする空を私も一緒に見たような気がします。 時々、自然が創り出すものには敵わないと思い知らされます。ではなぜ私たちはそこから何かを創ろうとするのでしょうか。 それが人間の愛すべきところで、そこにこそ私達が諦めてはいけない何かが残っている気がします。

    I had a feeling that I was there with you, looking up the sky. The sky, Nature's power was marbling.
    Sometimes, it beat me down by the fact that we shall never be able to create anything better than the nature.
    So why we are keep trying to create? Trying something from there?
    It is why we love human being. And it is the only place where something must be left for us. Something we shouldn't give up.