violet bouquet - col. navy

 
 
 
 
 
 
 
PREV ITEM NEXT ITEM
violet bouquet - col. navy
ベルベットをすみれの形に抜いた花びらを1枚ずつ手で染めコテかけしている、スタンダードなコサージュです。
花と茎はlafleurらしいはっきりとしたコントラストの組み合わせで、華やかさがあります。可憐なスミレのが、日常にそっと色を添える花束です。

<先行受注販売について>
FOR flowers of romanceのお洋服・la fleurのコサージュは、基本的には受注いただいた数のみ制作する受注生産方式を採用しています(多少の販売も行なっていますが、かなり数に限りがございます)。
新作『rendez-vous』アイテムは6月9日(木)より先行受注を行いますので、この機会にご注文くださいませ。

[先行受注期間]
2022年6月9日20:00 〜 7月25日23:59予定

[納期]
9月〜10月頃を予定しています。

<販売開始お知らせ>
当ページ・SNSなどでお知らせ予定ですが、販売開始お知らせのメール配信ご希望の方は以下より登録をお願いします。
未登録の方は「SIGN UP」より新規登録のうえ、MY MENU内の<お知らせを受け取る>にチェックを入れていただくと、FOR flowers of romance/la fleurのお知らせ配信を受信できるようになります。よろしければ事前にご登録ください。
MATERIAL
rayon
SIZE
L 14cm W 9cm H 5cm

このコサージュは、白い布を一枚一枚手で染め、熱で花の形に加工したものです。そのため水に濡れると色落ちや型くずれの恐れがあります。雨の日のご使用や、白い服・薄い色の服とのコーディネイトはお避けください。また着用の際にはアクセサリーやバッグ、周囲の物との摩擦や引っ掛けに十分ご注意ください。一度型崩れをしますと修理等が不可能な場合があります。あらかじめ御了承ください。

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,386
    • 青森県
      ¥1,023
    • 岩手県
      ¥1,023
    • 秋田県
      ¥1,023
    • 滋賀県
      ¥1,023
    • 京都府
      ¥1,023
    • 大阪府
      ¥1,023
    • 兵庫県
      ¥1,023
    • 奈良県
      ¥1,023
    • 和歌山県
      ¥1,023
    • 鳥取県
      ¥1,144
    • 島根県
      ¥1,144
    • 岡山県
      ¥1,144
    • 広島県
      ¥1,144
    • 山口県
      ¥1,144
    • 徳島県
      ¥1,144
    • 香川県
      ¥1,144
    • 愛媛県
      ¥1,144
    • 高知県
      ¥1,144
    • 福岡県
      ¥1,386
    • 佐賀県
      ¥1,386
    • 長崎県
      ¥1,386
    • 熊本県
      ¥1,386
    • 大分県
      ¥1,386
    • 宮崎県
      ¥1,386
    • 鹿児島県
      ¥1,386
    • 沖縄県
      ¥1,628
    • その他地域一律
      ¥902
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後3日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後120日を目安に発送いたします
    商品によって異なります

STORY

  • 「Elena」

    チェリストとしてパリで活動するスイス人のエレーナとは、もう15年を超える付き合いになる。実際に会っている時間はわずかなのに、互いに相手を深く理解し合えていると信じられるのは、とても不思議でごく当然という気がする。

    演奏旅行で世界を旅する彼女と絵描きとして旅した私は、同じ旅人として共感共鳴する部分がありすぎるが故に、重なる時間が短い事を互いに理解している。そのためにわずか数日で心の内なる森を語り合いつつも、決して相手をそこに導かないというルールが存在する。私達は数年おきにNYかパリで数時間を過ごし、そこで可能な限りの会話を楽しみ、そしてさらりと別れ、また数年後の再会まで連絡を取らないという事を繰り返している。

    そんな彼女が私の宿に滞在する時は、いつも建物全体が心地いいハーブの香りで包まれ癒される。香水でもなくボディークリームでも無い、一体どこからその香りがやってくるのかというと、彼女の存在そのものとしか言えないほど、その香りは軽く静かでありながら消える事がない。

    ある時、急遽決まったリンカーンセンターの公演の為、アッパーウエストに泊まっていた彼女から連絡があり、これから顔を出しに行っていいかと聞いてきた。しばらくして、呼び鈴が鳴ると何歳になってもたくさん風を浴びた少年のような面影の彼女は、両腕からこぼれる程大きな桜の枝の束を持って、満面の笑みでドアの前に立っていた。演奏のために指を気にしなければならないはずなのに、お構いなしと言った様子で私が驚く顔を見る為に、自分の身長くらいの枝を抱えてチェルシーからやって来たのだという。その桜は建物の中に差し込む光を浴びて、彼女そのもののように見えた。

    以来、毎年春に桜が咲き始めるとエレーナを思い出す。どれ程もう数日留まって欲しいと願おうとも、わずかな香りを残して去ってゆく、桜に彼女のイメージが重なり清々しくも寂しい思いになる。が、その後には必ず気持ちのいい新緑が胸の中に広がってゆく。それはまた会えるという確信。再会の時まで育ち続ける私達の森。
  • 「ランデヴー」とはフランス語で2つのものが接触する時に使われます。「あなたに会いたい」という気持ちを『rendez-vous』と表現したコレクション。誰かに会うことで生じる感情や、会えなくとも誰かを思うことの喜びは、私たちに何かを生み出す力を与えてくれます。期待と喜びの時。その時間を存分に味わい尽くしたい。その感情をドレスとコサージュで表現しています。
  • 『rendez-vous』

    あゝ 光が満ちてくる
    あの場所で待ち合わせよう

    メッセージや画像では伝えられない
    風と香りを一緒に感じたい
    言葉ではない
    肌で感じる何かを
    あの場所で

    rendez-vous
    あなたに会うのが待ちどうしい


    I’m ready.
    Let’s meet at that place.

    I want to feel, with you,
    the breeze and the smell of everything.
    Everything that can't be conveyed
    by messages or pictures.
    Not with words,
    but with something your skin feels,
    there at that place.

    Rendezvouz
    I can’t wait to see you.

RECOMMEND