【SOLD OUT】flat camellia - col. black

 
 
 
 
 
 
 
PREV ITEM NEXT ITEM
【SOLD OUT】flat camellia - col. black
麻糸のようなしっかりとした風合いを持つウールの強撚糸を使って刺繍を施したカメリアの花びら。花びらがひらりと舞い落ちるさまを描いたコサージュです。刺繍に使った糸の雰囲気でシックな装いにもカジュアルな装いにもお使いいただけるデザインです。そしてコサージュ自体に厚みがなくフラットに作っているので、コートやジャケットの下につけてもお使いいただけます。
MATERIAL
wool / felt ( wool / rayon )
SIZE
L 9.5cm W 6.5cm H 4cm

この商品はデリケートな素材を加工して作られており、繊細な仕上がりになっております。水に濡れると型くずれをしますので雨の日のご使用はお避けください。また着用の際にはアクセサリーやバッグ、周囲の物との摩擦や引っ掛けに十分御注意下さい。一度型崩れをしますと修理等が不可能な場合があります。あらかじめご了承下さい。

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,100
    • 青森県
      ¥800
    • 岩手県
      ¥800
    • 秋田県
      ¥800
    • 滋賀県
      ¥800
    • 京都府
      ¥800
    • 大阪府
      ¥800
    • 兵庫県
      ¥800
    • 奈良県
      ¥800
    • 和歌山県
      ¥800
    • 鳥取県
      ¥900
    • 島根県
      ¥900
    • 岡山県
      ¥900
    • 広島県
      ¥900
    • 山口県
      ¥900
    • 徳島県
      ¥900
    • 香川県
      ¥900
    • 愛媛県
      ¥900
    • 高知県
      ¥900
    • 福岡県
      ¥1,100
    • 佐賀県
      ¥1,100
    • 長崎県
      ¥1,100
    • 熊本県
      ¥1,100
    • 大分県
      ¥1,100
    • 宮崎県
      ¥1,100
    • 鹿児島県
      ¥1,100
    • 沖縄県
      ¥1,300
    • その他地域一律
      ¥700
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後7日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後120日を目安に発送いたします
    商品によって異なります

STORY

  • 人が大切なものとは、誰かとの関係性の上にある"もの"だと思えます
    架空の4人姉妹の間柄や家族とのエピソードをもとに
    "愛しいもの"がある世界を表現したコレクションです
    姉妹であっても何番目に生まれるかで性格が変わるように
    私たちの手から生み出されたコサージュやドレスも
    言葉あそびからはじまり
    技法や素材が複雑に絡み合うことで個性が宿ります
    それは、過去の感覚をよびおこすとともに
    現在の自分の有り様でもあり
    未来の娘たちに渡したいプレゼントでもあります
    架空の存在のようで、誰かの真実があちらこちらに散りばめられているコレクションです
  • "姉妹会議"

    あ、、、また喧嘩してる
    私たちがいないと言い争いが始まる
    なんで喧嘩してるのかな
    なんて言い合っているのかわからない
    不安になった私達は姉さんの側にいく
    何か話すわけじゃないけど一緒にいると安心する

    しばらくすると、姉さんが
    「お父さんとお母さんは、離婚するかもしれない」
    気にはなっていたけれど絶対言葉にだしたくなかった
    「どっちについていく?」と姉さん
    ふたりは「お母さん」
    私も「お母さん」
    「じゃあ、私はお父さんについていくね」と姉さん

    私達は泣いてたけど姉さんは泣いていなかった
    なんだかんだいいながら
    いつも私たちのわがままを聞いてくれる姉さん
    こんな時まで長女
    こんな時だから長女
    本当はお母さんについて行きたいはずなのに
    そう言わない姉さんにちょっとイラっとする

    長女とは、正直にはなれないものなのか
    私たちがそうさせてしまったのか
    姉さんは凄いでも何だか悔しい